2009年01月21日

プレゼン

http://ecl.info.kindai.ac.jp/~sakaimoto/blog/diary.cgi?no=115
のプレゼンの話で、ちょっと思ったコト

非情報学科的女性のプレゼンと理系のプレゼンは、草書と楷書みたいな違いじゃないかと常々思います。

後者は背景→目的→手法→実験…と「決まったフォーマット」で、「誇張なくものごとを正確にわかりやすく」話すことが要求されるのに対し、

前者は少々「フォーマットを崩して」でも、「聴衆をひきつけるか?」に重点が置かれている

これが両者の違いかと自分は考えています。書に詳しいわけではないですが、楷書と草書に優劣を考える必要はないだろうなぁと思います。

ただ、草書を書くためにはまず楷書ってのはスタンダードだとおもう
ので、ちょっと「崩した」プレゼンをするには、まず基本を抑える
コトも肝要なのかな?



PS.書の話が出てきたのは「とめはね」読んでるせいかな?
posted by sistailsnow at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。