2007年07月24日

FreeBSD6.2インストール

○インストール(CD-ROM)
 
Custom->Partion 全部削除して >a (自動作成
->Label >a (自動作成
->Distribution
次のものを選択
base,kernel,(dict),doc,(info),man,catman,proflibs,ports,src_sys,(local)

コミットして、
 

Configuration->ルートパスワード
Network->inteface (IPv6は使用しない)
Host:hoge ホスト名、Domain: hoge.co.jp 、Gateway: 、DNS: 、IP: それぞれ設定

 TimeZone JSTに
 Exit Install ->再起動

○SSH有効に
>vi /etc/rc.conf
sshd_enable="YES"
>/etc/rc.d/sshd start


○シェルの設定変更
>vi .cshrc
 set autolist #Tab で候補を表示できるようにする
set color
alias ls ls-F
if ($?prompt) then
set prompt="%n@%m[%~]# " #プロンプトに表示される形式を指定
...
endif

>source .cshrc #設定をロードする



#ルート用のカスタマイズ
  

>vi .cshrc
alias rm 'mv -v \!* /tmp/trashbox'
alias clean-trash '/bin/rm -vf /tmp/trashbox/*'
alias ls ls-F
set autolist
set color
if ($?prompt) then
set prompt = "%B%{\033[31m%}%m[%~]%#%{\033[m%}%b "
endif 


○FreeBSDパッチを宛てておく
>freebsd-update fetch
>freebsd-update install
再起動してバージョン確認
>reboot
>uname -a
ラベル:FreeBSD6.2
posted by sistailsnow at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。