2007年08月07日

renderとredirect_to

renderもredirect_toも誤解を恐れずに言えば、view(rhtml)を呼び出すメソッドです。

render :action => 'hoge'

で hogeというviewを表示します。

実際には、action=> としていることからわかるように、このコントローラのアクションメソッドを実行します。

 ここで、renderとredirect_toの違いですが、

 rednerは、指定されたメソッドの中身は実行せず、すぐにview(rhtml)を表示します。

 redirect_toは、指定されたアクションメソッドを実行し、その名前のviewを表示します。

なので、次のようにすると同じ動作をします。


 redirect_to :action => 'hoge'



hoge #hogeメソッドを実行しておく
render :action => 'hoge'

#(但し、hoge内でrender,redirect_toの記述が特にない場合に限る)

posted by sistailsnow at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Railを走ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50551319
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。