2007年08月21日

タグのname属性の値指定

ActionView::Helpers::DateHelper などで、表示するHTMLタグのname属性を任意のものに変更したい場合。

たとえば
select_date(date = Date.today, options = {})


のような場合、optionsの指定で

:prefix => 任意の名前


でname属性を指定できる。


<%= select_date Date.today,{:prefix => "hoge"} %>


とすると


<select id="hoge_day" name="hoge[day]">
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
<option value="4">4</option>
<option value="5">5</option>
<option value="6">6</option>
<option value="7">7</option>
<option value="8">8</option>
<option value="9">9</option>
<option value="10">10</option>
<option value="11">11</option>
<option value="12">12</option>
<option value="13">13</option>
<option value="14">14</option>
<option value="15">15</option>
<option value="16">16</option>
<option value="17">17</option>
<option value="18">18</option>
<option value="19">19</option>
<option value="20">20</option>
<option value="21" selected="selected">21</option>
<option value="22">22</option>
<option value="23">23</option>
<option value="24">24</option>
<option value="25">25</option>
<option value="26">26</option>
<option value="27">27</option>
<option value="28">28</option>
<option value="29">29</option>
<option value="30">30</option>
<option value="31">31</option>
</select>


といったHTMLが生成できる

これは ActiveRecordオブジェクト以外のものを扱うときに非常に有効だと思われる。
ラベル:Rails
posted by sistailsnow at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Railを走ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。