2008年11月09日

あるフォーラムに参加

ノートにメモをとってみたので自分流におこしておく

11:00- ? 大規模データについて

WebあぷりってほとんどIO負荷。 

1.なにはともあれメモリ!

メモリとディスク:150倍くらいちがう
メモリコモディティ 8GB〜16GBくらい?

2.キャッシュしきれなくなったら

局所性にあわせてアクセスをわける

 例:-通常のユーザリクエストとボットリクエスト、その他といったぐあいで、それぞれを振り分ける。
 (ユーザリクエストは最新のデータに、ボットは過去も満遍なくだけどレスポンスはちょっと悪くてもかまわないetc)

3.更新だけマスタDB、参照系はスレーブDBへロードバランサで振り分ける

Webアプリの90%以上が参照なんでOK!?

4.テーブル分割(パーティショニング)はどうする?

データが別々のサーバにあったらJOIN難しいよね?

=>JOINしなきゃいい!

where .. in ..を使ってつなげ!

Perlのオリジナル O/Rマッパーを使っているそうな。

質問?RDBMSに手をいれては? => 考えたけどやめた

5.全文検索なんかはどうするの?

A.RDBMSは使わない。

データを定期的にdumpして、必要なデータ構造を作る

検索に関しては、転置インデックス、ベクトル空間モデルを使うって話がちらほら。


13:00- Ruby ライトなお話(使えそうなKeywordだけ

Mextractrってので日付、場所の抽出ができるそうな

ATOK APIが出ている。

Wiiリモコン

LazyList gem lazylist

地方SIでRuby
cgi.rbで274団体のシステム


14:00- Chromeについて
なんで作ったか?や特徴なんかを解説

ネット記事で知ってたこもあったが、

Chromium という形でオープンソースで製作されていたのは知らなかった。

従来の使える技術は取り込み、そして将来のブラウザのありかたを探っていくのが目的だと。


16:00 dRuby/Rindaについて

17:00 Ruby 1.9

話を聞くかぎり、機能としては面白いけど、Railsは今のままじゃぜんぜん使えないし、実験的な雰囲気があったんで、当分様子見でしょう。
 
1.8からの移行ポイントとしては
magic comment(コード内のASCII以外の文字
ブロック文の文法が変わった
encoding(扱っている文字列が違うと結合できずエラーになる

posted by sistailsnow at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

とらば

posted by sistailsnow at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

tabキー フォーカス

タブキーでボタンやリンクにフォーカスがあたる順序を変えるには

tabindex属性をタグにつてやればよい。属性値が小さいものから順にフォーカスがあたる。

<a href="second.html" tabindex="2">seconde</a>

<a href="first.html" tabindex="1">first</a>



参考 http://www.tohoho-web.com/html/attr/tabindex.htm
posted by sistailsnow at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ブラウザ間の違いを緩和する方法

ブラウザ間で、タグによってmarginやpaddingのデフォルト値が異なる。そこで最初にすべてのデフォルト値を0に指定してやることで表示のずれを緩和することができる。

スタイルシートにて

*{
margin:0;
padding:0;
}


ただし、このようにするとそれぞれのタグできちんとmargin,paddingを指定してやらないといけない箇所が増えてくる問題もある。
タグ:stylesheet
posted by sistailsnow at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

Ruby講習

!Rubyの文法実習

*ハッシュ(連想配列)
hoge = { # key => value
}
hoge[key] = value

*条件分岐
if
elsif #Cとは違うので注意
else
end

*case文
case num
when 1
#num = 1
when 2,4,6
#num = 2 or 4 or 6
when 7..9
#num = 7 or 8 or 9

end

*繰り返し
**upto
**times
**each
配列.each{|var|
#var は配列の中のひとつの要素
}
**for

*メソッド
puts,gets,gets.chomp
to_i,to_f,to_s(文字列へ)

*メソッドの作り方
def plus(a,b)
return a + b (return は省略されることがある)
end

*定数
大文字で始まる変数 MAX = 10

*クラス
class Greeting #クラス名は大文字から,名詞でつける
#インスタンスメソッド
def greet #メソッド名は小文字、単語ごとに"_"で区切る、動詞でつける
end
end

**インスタンスの生成
var = Greeting.new
var.greet

attr_accessor "name" #アクセッサ
def initialze(name) #初期化処理のメソッド
@name = name #@インスタンスの中でずっと保存される
end

g = Greeting.new "hoge"

**インスタンス変数
@hoge #@から始まる変数
インスタンスごとに保持している値が違う
**アクセッサ
インスタンス変数をインスタンスの外から使えるようにするための定義

*メソッドのオーバー''ロード''

*クラスメソッド:インスタンスを生成せずに実行できるメソッド
def self.ask_name
return "あなたのネームは?"
end

*クラスの定数

*クラスの継承
class SubClass < SuperClass

*メソッドのオーバー''ライド''
親クラスで定義されているメソッドを再定義する

*組み込みクラス
**Boolean
真:true 偽:false
**シンボル Symbol
文字列だがStringとはちょっと違う
a = "foo"
b = "foo" は別のインスタンスになる(文字列)

a = :foo
b = :foo は同じインスタンスになる(Symbol)

**nil(NilClass)
空を意味するオブジェク
戻り値を返さない関数の場合
配列やハッシュで値がない要素を参照

*ブロック
do 〜 end までのプログラムをオブジェクトにしたもの(このオブジェクトを手続きオブジェクトという)
ブロックに引数を渡すこともできる
{|i| }、 do |i| end

!メモのコツ
プログラム言語の話であれば、最悪キーワードだけメモをしておけば自分で調べなおすことができる。
タグ:ruby
posted by sistailsnow at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

FreeBSD6.2インストール

○インストール(CD-ROM)
 
Custom->Partion 全部削除して >a (自動作成
->Label >a (自動作成
->Distribution
次のものを選択
base,kernel,(dict),doc,(info),man,catman,proflibs,ports,src_sys,(local)

コミットして、
 

Configuration->ルートパスワード
Network->inteface (IPv6は使用しない)
Host:hoge ホスト名、Domain: hoge.co.jp 、Gateway: 、DNS: 、IP: それぞれ設定

 TimeZone JSTに
 Exit Install ->再起動

○SSH有効に
>vi /etc/rc.conf
sshd_enable="YES"
>/etc/rc.d/sshd start


○シェルの設定変更
>vi .cshrc
 set autolist #Tab で候補を表示できるようにする
set color
alias ls ls-F
if ($?prompt) then
set prompt="%n@%m[%~]# " #プロンプトに表示される形式を指定
...
endif

>source .cshrc #設定をロードする



#ルート用のカスタマイズ
  

>vi .cshrc
alias rm 'mv -v \!* /tmp/trashbox'
alias clean-trash '/bin/rm -vf /tmp/trashbox/*'
alias ls ls-F
set autolist
set color
if ($?prompt) then
set prompt = "%B%{\033[31m%}%m[%~]%#%{\033[m%}%b "
endif 


○FreeBSDパッチを宛てておく
>freebsd-update fetch
>freebsd-update install
再起動してバージョン確認
>reboot
>uname -a
タグ:FreeBSD6.2
posted by sistailsnow at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

javascript:表示非表示の切り替え

リンクのクリックで、表示非表示を切り替える。



<head>
<script type="text/javascript">
<!--
function changeOnOff(id){
var elm = document.getElementById(id)
if (elm.style.display == "none"){
elm.style.display = "block"
}else{
elm.style.display ="none"
}
}
</script>
</head>
<body>
<a href="JavaScript:changeOnOff("id1")>push</a>
<div id="id1" style="display:none">
こんてんつ
</div>
</body>

タグ:javascript
posted by sistailsnow at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

awstats:複数サイト

awstatsは複数サイトにも対応しているようだが、
コンフィグファイルを分けて書いて、しかも、それぞれは別のページとして(http://xxx/awstats.pl?config=site1http://xxx/awstats.pl?config=site2)しか、見ることができないようである。

複数のサイトをまとめて統計とりたいという場合には対応してなさそう。。。
posted by sistailsnow at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

awstatsで複数ドメインを指定したときの問題

バーチャルホストなど複数のドメインのログを/var/log/apache2/access.logなどに出力している場合、

/etc/awstats/awstats.confで

SiteDomain="ex1.co.jp"
SiteDomain="ex2.co.jp"

と、複数のドメインを指定できます。

しかし、実際にawstatsで結果を見てみると、URLページの"/"がex1かex2か判別されておらず同一でカウントされているようであった。
posted by sistailsnow at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ruby:DateTimeとTime型の比較


dt = DateTime.now
t = Time


t <=> Time.parse(dt.to_s)
タグ:ruby
posted by sistailsnow at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

テーブルのborder

htmlのtableでボーダーのスタイルを変えるとき


<table style="border:1px solid #cccccc">
...


と書けばできるとおもっていました。


<table border=1>


もしくはborder=0でぜんぶのボーダーを変えれてたからできるとおもったら

これだとテーブルの周りの部分の枠線しか変えれない。

なので

 <table>
<tr>
<td style="border:1px solid #cccccc">
...



って感じで属性にスタイルを指定してあげないとだめだとか。

というわけでちゃんとスタイルシートを読み込むように指定して
あげるほうが簡単そうですね。
タグ:HTML stylesheet
posted by sistailsnow at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

センタリングの方法

 本文の幅を決めてそれをセンタリングする方法。

body
|⇔| main |⇔|
  


<body style="text-align:center;">
<div style="witdh:600px;margin:0 auto;">

main

</div>
<body>


bodyへの指定はmargin:autoが利かない場合への対応

参考サイト:http://haganeweb.com/design/layout/fixed_width.htm
タグ:HTML/CSS
posted by sistailsnow at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログサイトの選択

 数多くあるフリーのブログ運営サイトの中で今回はSeesaa BLOGを選択した。
 
 まず、
 
 http://weblog.seo-search.com/

 にてよさそうなブログをいくつか選択して、

 今後の引越しにそなえて、エクスポート、インポートができるサイトを選んだ。

 http://www.ma-mate.com/log/eid388.html

 

 
posted by sistailsnow at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | やってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。